新生児向け ウォーターサーバーの選び方

生まれてくる赤ちゃんの為に、ウォーターサーバーを選びたい・・・

赤ちゃんは完母(100%母乳)で育てたい・・。

赤ちゃんの栄養バランスや免疫を強くする為にも、完全母乳で育てられるに越したことはありません。

 

でも、母乳が出るかどうかなんて、赤ちゃんが生まれてみなければ分かりませんし、お母さんの職場復帰や育児ストレスを考えると、ミルクと母乳を併用できることが一番ですね。
そこで、新生児のウチからミルクに慣れさせる為にも、ウォーターサーバーを利用するご家庭が増えてきました。

 

ですが、大人と違い赤ちゃんの胃腸はまだまだ未発達
ミネラル分が豊富なお水を飲ませると、お腹を壊すことだってあるんです。

 

本サイトでは、10ヶ月になった赤ちゃんを持つ管理人が、自身の体験を元にした、新生児向けのウォーターサーバーの選び方をご案内致します。

 

新生児の為のウォーターサーバー選びには3つのポイントが

ポイント1:硬度の低い水(軟水)を選ぼう

一般的にはミネラル豊富な水が体に良いとされ、体に良い美味しい水をウォーターサーバー選びの基準にしている方が多数。
ですが、新生児に与えるお水(ミルク)については、ミネラル分の少ない純水(ピュアウォーター)に近いお水を選ばなければいけません。

 

硬度の高い水(ミネラル分を多く含む水)には、マグネシウムやカルシウムを始めとする成分が含まれています。
これらの成分は、大人にとっては不足しがちな栄養素を補う効果があるのですが、胃腸が未発達の新生児・赤ちゃんでは、これらの成分を分解できず、下痢を起こす可能性が高くなってしまいます

 

ポイント2:国内ブランドのウォーターサーバーを選ぼう

海外産の深洋水など安価で利用できるウォーターサーバーが増えていますが、海外製品と日本国内製品とでは、成分測定値の基準が異なる点に注意しましょう。
海外製品の基準値では純水とされているものであっても、日本の基準値で見ると微量の細菌が含まれているケースは多くあります

 

また、国内製品では当たり前となっている放射能チェックに関しても、海外製品の場合、水採地が海外であることから、チェックを行っていないものが殆どです。
大人が飲むものならまだしも、新生児に飲ませるお水を選ぶのであればこそ、安全基準値の高い国内製品をお勧めします。

 

ポイント3:チャイルドロックの付いたウォーターサーバーを選ぼう

多くのウォーターサーバーでは、冷えた水だけでなく、80〜90度(メーカーにより異なります)前後のお湯も出てきます。
煮沸せずにお湯を使える為、赤ちゃんのミルクが簡単に作れることもウォーターサーバーを使用する利点となります。

 

ですが、赤ちゃんが6ヶ月〜10ヶ月を過ぎ、ハイハイや掴まり立ちが出来るようになると、十中八九、ウォーターサーバーを気に掛けるようになりますが、もしも赤ちゃんが、ウォーターサーバーのお湯を出してしまったら・・・

 

といった不測の事態を想定し、多くのメーカーさんでは、ウォーターサーバー本体にチャイルドロックを設置しています。
ですが、中には備え付けていないメーカーもありますので、チャイルドロックの有無を必ずチェックした上で、ウォーターサーバーを選びましょう。

サイト管理人も利用しているウォーターサーバーはこちら

新生児の居るご家庭でウォーターサーバーを選ぶ際には、

硬度の低い水(軟水)
国内ブランドのウォーターサーバー
チャイルドロックの付いたウォーターサーバー

 

これら3つのポイントをチェックしなければいけません。
以上の点を考慮し、現在10ヶ月になる赤ちゃんが居る管理人が利用しているウォーターサーバーが、

 

新生児の為のウォーターサーバー選び

 

こちら、アルピナウォーターになります。

 

アルピナウォーターの主な特徴

  • 硬度が1.05の超軟水なので、新生児でも安心して飲用可能
    (85度のお湯が出るので、ミルクの溶解にも利用可能)
  • 毎月の定期的な放射能チェック済み
  • サーバーのレンタル料は月々600円、配送料は0円、月々の注文ノルマもなし
    (注文したボトルの分だけ支払えばOKです)
  • 配送エリアは関東、関西全域、その他エリアは順次拡大中

 

▼ アルピナウォーター公式サイトはこちら ▼

 


 

関東・関西以外の本州にお住いの方はこちら・・・

 

新生児の為のウォーターサーバー選び

 

関東、関西以外の本州エリアでのご注文なら、アルピナ8をお勧めします。

 

アルピナ8の主な特徴

  • アルピナウォーターの8L版(1Lあたりの単価はアルピナより8円割高です)
  • 全国区に配送対応(本州以外には送料480円)
  • サーバーのレンタル料は月々600円、配送料は0円、月々の注文ノルマもなし
    (注文したボトルの分だけ支払えばOKです)
  • 関東エリアには自社配送、その他エリアは宅配便にてお届け

 

▼アルピナ8公式サイトはこちら ▼

 


 

 

北海道、四国、九州にお住いの方はこちら・・・

 

新生児の為のウォーターサーバー選び

 

本州以外にお住いの方には、配送料が掛からないアクアクララがお勧めです。

 

アクアクララの主な特徴

  • 硬度は29.7となり、アルピナより若干高めですが、赤ちゃんでも安心して飲めます
  • 用途に応じて、サーバーの種類が選択可能
  • 水の温度調節機能付き
  • 宅配エリアは全国に対応

 

▼ アクアクララ公式サイトはこちら ▼

 


 

 

赤ちゃんの為に選ぶウォーターサーバーです

 

ウォーターサーバーを選ぶ基準には、
  • お水の値段や注文ノルマの有無
  • 毎月のサーバーレンタル代や配送料
  • 電気代などのコストパフォーマンス
  • お水に含まれるミネラル、栄養分

など、用途に合わせて様々な選択基準があります。

 

ですが、これからご自宅に赤ちゃんを迎え入れる家庭について言えば、
新生児の赤ちゃんが、安心して飲めるお水
であることが、何よりも優先すべき選択基準だと私は考えています。

 

また、赤ちゃんのお腹に優しいことだけでなく、自己に繋がる可能性が低い、安全なウォーターサーバーを設置することも大切な選定基準ですよね。

 

手軽にミルクが作れるウォーターサーバーなら、なんでもいいや。
なんて考えずに、赤ちゃんにとって優しいお水、安全な環境を作ることも、親の大切な役目ですので、新生児向けのウォーターサーバーを選択する際には、ぜひ本サイトをお役立て下さい。

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る